保育園が足りない、というママがいる。一方、公園を潰して保育園なんて許さない、という人たちがいる。どっちの言い分ももっとも。当事者でないから、なんとも言い難い。
チャーチルが「民主主義は最悪だ。しかし、これまでの政治形態のなかではいちばん良い」という発言をしていた。さすが、イギリス人が最も尊敬している政治家だけのことはある。
みんなが満足する解決策なんて、ありっこないだろう。ちょっとまえ、「win&win」つまり「みんな勝つ」みたいな言葉が流行って、すごい違和感があった。その前に「負け犬」もあった。
私はどっちかというと負け組かな。同級生は教授、校長、社長、役所の部長が出世かな。もちろん、自分のしてきたことに別に後悔も妬みも無いけど、社会的に見ればその差は歴然だし。
みんなが自分の立場を言い合って、そこから譲り合うって、難しいね。言ったことにこだわるから、人って。言葉に縛られると、引っ込みつかなくなるから。言葉って不便だね。
だって、誤解されたら、また言葉が必要になるし。「誤解を恐れず」という言い回しも、なんだか予防線ぽくて嫌みだし。で、チャーチルの言葉のどこがいいのだろう、と思うと、ウイットだね。
正面切ってはっきり言いつつ、ストンと落とす。え、と逆立って飛んでた気持ちが、いい所に着地する。誰も傷つかない。そんな言葉の使い手になりたいものです。モデルの体重・身長を教えます!